あなたの髪はキューティクルが多い?少ない?

髪の硬さは

キューティクルの枚数で決まります。

髪が太い人でも柔らかい髪もありますし

髪が細い人でも硬い人はいます。

キューティクルは髪の栄養分を守る役割が有り

キューティクルが多い人ほど艶があります。

キューティクルが少ない人はパサついて見えやすいです。

またキューティクルの多い・少ないにより

パーマやカラー・ストレートの薬剤の浸透が

多い人は薬剤が浸透しづらく

少ない人は薬剤が浸透しやすいです。

またキューティクルが少ない人はダメージしやすく

髪の栄養分の流失を防ぐために保護剤が必要です。

保護剤とは洗い流さないトリートメントやオイルなどです。

しっかりとしたケアが必要になります。

自分の髪はキューティクルが多いのか?少ないのか?

髪の艶でチェックして見て下さい!

ヘアサロンハーモニー http://iwishyourhappiness.wixsite.com/harmony

これからの暑い季節はUVケアを!!

最近はテレビでもUVケアのCMが良く流れています。

でも今は肌のUVケアだけでは無く「髪のUVケア」

肌のUVケアはわかるけど・・・何故?!

「髪のUVケア」必要なの?!

と思う方もいると思います。

1つはダメージ対策

これから夏にかけて(5月6月が一番強い)

紫外線は強くなってきます。

紫外線に

太陽に当たりすぎると

髪の水分は無くなり乾燥しパサパサに

なりダメージ原因へとなります。

夏は特に気温が高く日差しも強いので

UVケアが大切になります。

髪を紫外線から守る必要性はもう1つ

褪色です。

せっかくキレイにカラーリングをしたのに

すぐに色が落ちてしまうのはもったいない!

少しでも色持ちをよくする為にはUVケアが大事です

では何故、大事なのか?!

それは

空気中の酸素は紫外線を浴びると活性酸素に変わります。

これから夏に向けて湿気が高くなってくるとキューティクルは

開きやすくなってきます。

開いたキューティクルは空気中の酸素と紫外線によりできた

活性酸素を吸い込み

メラニン色素やカラーの染料を分解してバランスが悪くなり

褪色してしまうのです。

これからの時期はカラーの色持ちが悪くなる季節

少しでも色を長持ちさせる為にUVケアをしてみてはどうでしょうか?

ハーモニーの「髪エステ」はUVケアもバッチリできます。

「髪エステ」にはしっかりと活性酸素を除去する為に

抗酸化物質(酵素)を配合しているからです。

ヘアサロンハーモニー http://www.hairsalonharmony.com

シスチン(システイン)

「Lシステイン」て言葉を聞いた事はありませんか?

良く肌などの代謝を上げる為に必要なアミノ酸の1種「Lシステイン」です。

実は「Lシステイン」は肌だけではなく髪に存在するのです。

髪にも必要な成分のアミノ酸「シスチン」は主にパーマやストレートの時に必要

になります。

「シスチン」(システイン)は

髪が太い人に多く

細い人に少ないのです。

「シスチン」(システイン)が

多いとパーマやストレートはかかりやすく

少ないとパーマやストレートはかかりづらく

なります。

そこでハーモニーではかかりづらい細い髪に対して

パーマやストレートをかかりやすくする為に

「シスチン」(システイン)を補給しています。

補給する事でパーマやストレートはかかりやすくなる訳です。

ヘアサロンハーモニー http://www.hairsalonharmony.com

イオンコントロール付け加え

先日「イオンコントロール」と「親水性・疎水性」について

お話をしました。

イオンコントロールとは

髪のPH5・5は+ーのアミノ酸や中性アミノ酸があり

PH5.5になっていると言う話です。

また癖毛は直毛の髪とは違い

プラスとマイナスのアミノ酸のバランスが悪く

マイナスに偏っている為に髪はうねるのです。

親水性・疎水性とは

髪が水分・湿気を吸い込みやすいか?にくいか?の性質のことです。

そこに付け加えとして

プラスイオン・マイナスイオンのバランスが取れているところは疎水性

マイナスイオンに偏っているところが親水性

となっています。

髪1本の半分が疎水性

もう半分が親水性となっているわけです。

親水性のマイナスイオンに傾いている所を

プラスのイオンで偏りなくしバランスを取ることで

髪は湿気に影響しずらくなりうねりがなくなるのです。

ちなみにマイナスイオンドライヤーは髪のプラスイオンと結び付き

髪のパサつきやうねりをコントロールします。(ちょっと矛盾がでる話ですが・・・この件についてはまた違う所でお話します。)

また縮毛矯正はこのバランスを取り疎水性・親水性の両方に働きかけ

ストレートアイロンで均等にします。

これで少し髪の癖やうねりについて解明できた気がします。

まだまだ癖について髪質について書いていきたいと思います。

ヘアサロンハーモニー http://www.hairsalonharmony.com

湿気がある時にうねる髪はこんな性質(髪質)が・・・

髪の癖はは親水性と疎水性に分かれる為に

うねります。

親水性とは水分や湿気を吸い込みやすい性質をいい

疎水性とは水分や湿気を吸い込みにくい性質をいい

ます。

親水性と疎水性が交互になっており

髪が水分や湿気を吸い込みやすい部分とにくい部分が

ある為に髪はうねるのです。

直毛の人はその部分が無い為に髪はストレートなのです。

でも直毛の人でも湿気を含むと

うねる人は親水性の為に水分や湿気を吸い込みやすい為に

うねるのです。

もし湿気が高い時でもうねらない人は疎水性の髪です。(水分や湿気を吸い込まない性質)

これをパーマのかかりやすさで考えると

親水性の人の方がかかりやすく取れやすい!

疎水性の人はかかりにくく取れにくい!

どちらがいいのか?と聞かれると困りますが・・・

どちらの性質を考えてパーマを施術している訳です。

しかしストレートパーマをかける時は

親水性も疎水性も存在するので

両方の性質を考えてストレートパーマを

かけなくてはなりません。

そんな知識を頭に入れながらストレートパーマの

施術をしているのです。

髪の性質=髪質

はこの他にも色々な現象からの組み合わせの為に

一人一人違います。

100人いたら100通りの髪質があるのです。

ヘアサロンハーモニー http://www.hairsalonharmony.com

イオンコントロール

髪はpH5・5ですが

髪はプラスとマイナスのアミノ酸

中性のアミノ酸からできている為に

髪のpHは5・5となっている訳です。

しかしクセ毛にはプラスとマイナスのイオンのバランスが悪く

髪がマイナスに偏り

髪はうねります!

そこで髪にプラスアミノ酸を

補給してイオンコントロールをします。

そうすることで髪はバランスが取れてうねりがなくなりやすくなります

ヘアサロンハーモニー http://www.hairsalonharmony.com

髪がパサパサなあなた

私の髪の毛はどうしてパサパサなんだろう? 

 
と言うあなた・・・ 

 
パサパサになる原因は様々 

 
カラーをしたから 

 
パーマをしたから 

 
もともとの髪質が乾燥毛 

 
ドライヤーのかけすぎ 

 
紫外線 

 
原因は他にもあるかも・・・ 

 
もし髪がパサパサでお困りのあなた 

 
原因を究明する為にご相談下さい。

お店に1度ご来店下さい。

髪の根本から治すためにトリートメントをした方がいいのか? 

 
普段では落ちない汚れをヘッドスパで落とした方がいいのか? 

 
カットしないとダメなのか? 

 
それともホームケア(シャンプーやトリートメントが合ってないのか?) 

 
ホームケアの仕方

(シャンプーやトリートメント・アウトバストリートメントの使い方、ドライヤー使い方が間違っていないのか) 

 
を診断して何が必要かカウンセリングさせて下さい! 

 
あなたに合った髪のアドバイスをさせていただきます。 

 
ヘアサロンハーモニー http://iwishyourhappiness.wix.com/harmony