湿気がある時にうねる髪はこんな性質(髪質)が・・・

髪の癖はは親水性と疎水性に分かれる為に

うねります。

親水性とは水分や湿気を吸い込みやすい性質をいい

疎水性とは水分や湿気を吸い込みにくい性質をいい

ます。

親水性と疎水性が交互になっており

髪が水分や湿気を吸い込みやすい部分とにくい部分が

ある為に髪はうねるのです。

直毛の人はその部分が無い為に髪はストレートなのです。

でも直毛の人でも湿気を含むと

うねる人は親水性の為に水分や湿気を吸い込みやすい為に

うねるのです。

もし湿気が高い時でもうねらない人は疎水性の髪です。(水分や湿気を吸い込まない性質)

これをパーマのかかりやすさで考えると

親水性の人の方がかかりやすく取れやすい!

疎水性の人はかかりにくく取れにくい!

どちらがいいのか?と聞かれると困りますが・・・

どちらの性質を考えてパーマを施術している訳です。

しかしストレートパーマをかける時は

親水性も疎水性も存在するので

両方の性質を考えてストレートパーマを

かけなくてはなりません。

そんな知識を頭に入れながらストレートパーマの

施術をしているのです。

髪の性質=髪質

はこの他にも色々な現象からの組み合わせの為に

一人一人違います。

100人いたら100通りの髪質があるのです。

ヘアサロンハーモニー http://www.hairsalonharmony.com

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close