あなたの髪は褪色すると赤or黄?色を作るには青が大切!!

メラニン色素には

赤みの強い人と黄色みの強い人に

別れます。

カラーリングをして褪色してきた時に

髪の色が黄色になれば

メラニン色素が黄色

髪の色が赤みが出れば

メラニン色素が赤です。

メラニン色素によって出しやすいカラーの色が有り

メラニン色素が赤の人はピンク・レッド・オレンジ・バイオレット

メラニン色素が黄色の人はアッシュ・マット・イエロー

でも両方に必要な色味は青色です。

色を作る上で色の三原色がありますが

赤(バイオレット)・黄(イエロー)・青(ブルー)

があればどんな色も作れます。

でも髪は青の色素が少なく

日本人には少ないメラニン色素です。

その色素をカラー剤にどのぐらい配合し作るかによって

髪の色は決まります。

またメラニン色素が赤の人がアッシュ・マット・イエローを作る上でも

反対色が必要になり反対色はグリーン(青+黄)が必要で

メラニン色素が黄の人がピンク・レッド・オレンジなどを作るには

反対色のバイオレット(青+赤)が必要になります。

日本人には特に「青」がどれだけ必要な人種かお判りいただけるとおもいます。

ヘアサロンハーモニー http://www.hairsalonharmony.com

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close