ドライヤーでちゃんと乾かしていますか?早く乾かす秘訣は冷風!!

春も終わりそろそろ初夏から夏へ

この時期、髪をドライヤーで乾かすのめんどう・・・

でもちゃんと乾かさないと・・・雑菌やキューティクルが開きぱなしで

髪を痛めちゃう可能性も・・・

でもドライヤーで髪を乾かしてもなかなか乾かない!!

イライラしますよね??

ドライヤーの温風は約90度~100度

髪が濡れてる状態の湿度は90%以上に

髪が濡れている時に温風で90度~100度の熱

を当てても湿度は下がりません!

ちなみに髪を温風で当て続けると髪の温度は60度以上になります。

そんな温度でドライヤーを当て続けると髪は熱に負けて髪はダメージを受け硬くなってしまいます。

髪の温度は60度以下に保つと良いです。

だいたい「暑い」と感じるぐらいが60度ぐらいなので

感じる前ぐらい!!

まして初夏~夏は気温が高く湿度も高いのでなかなか乾きません!!!

ドライヤーを早く乾かすコツは・・・

要は熱や湿気の逃げ道がないので作って上げることが大切です。

そこでして欲しいのが

「冷風で髪を乾かす事!」

髪の温度上昇を抑え湿気の逃げ道を作ってあげる!!

ドライヤーの温風と冷風機能がついているのは

この為なんです!!

乾かし方は湿気や暑さを感じたら冷風にする

冷めたら温風にするの繰り返しです。

お風呂から出ると大体の人は体が火照っているので

冷風からスタートすると良いと思います。

また室温によっても違うと思いますので

初夏から夏の温度は25度から35度以上

自然乾燥でも乾くくらいです。

でも自然乾燥では雑菌やキューティクルを痛めるので

ちゃんとドライヤーで乾かしましょう!!

なので気温が高い湿度が高い時は冷風で乾かす割合を多くして

乾かして上げる良いと思います。

以上が早く髪を乾かす秘訣ですが・・・

それと他にあと2つ足すと髪はより早く乾きます!

髪を早く乾かす秘訣3カ条!!

1冷風と温風を交互に使う(湿度や気温が高い時は冷風から!)

2ちゃんとタオルドライをする(水分を減らす)

3クシでとかす(水分の流れ道を作る・水分量のムラを減らす)

この3つが髪を早く乾かす秘訣です!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close