髪は溶ける!!

髪はペーハー4.5~5.5の弱酸性ですが

それは髪のタンパク質

アミノ酸の複合ににより保っています。

アミノ酸には酸性・中性・アルカリ性の

性質がありその割合によってペーハー値を

決めています。

しかしパーマやカラーをする事で

髪の内分のアミノ酸の量は変化し

髪がアルカリ性に傾きやすくなります。

髪がアルカリ性に傾いただけなら

まだ「傷む」ぐらいで済むのですが

傾いた髪はアルカリ性に馴染みやすい

そこにパーマやカラーのアルカリ剤が入ることで

溶解しやすくなります(アルカリ溶解)

アルカリ溶解した髪は徐々に溶け始め

最終的にはゴム状までになります。

そこまでいくと髪は修復不可能です。

その前まででやめておく事をおすすめします。

ちなみに髪がどのぐらいで溶けるとかは

髪の太さや硬さ

薬剤の強さ、成分

加温、温度

で変わります。

十分に気をつけてヘアスタイルを

楽しみましょう!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中