髪が乾かない人はこんな髪

ドライヤーで髪を乾かしても

なかなか乾かない事ありますよね?

夏や暑い時期なら

ドライヤーの熱により蒸れる

湿度が高い場所で乾かすから(お風呂場の近く脱衣所は乾きにくいです)

ただ気温が高く、暑くて汗で乾かない

だからこの時期は

涼しく湿度の引く場所で乾かす!

冷風を上手く使い髪や頭皮の

温度上昇を防ぐなどが大事です。

また他にも油分が多い方は

頭皮や髪の洗浄をして油分を洗い落とす

洗浄力の強いシャンプーを使い

トリートメントはサラサラで

あまり重くない物を使いましょう!

美容室でヘッドスパスパも良いですヨ!

他には親水性の髪やダメージ毛により

水分を吸い込みやすく髪

ダメージ毛は髪の内部がスッカラカンなので

トリートメントで栄養補給をして下さい。

親水性の髪はオイルで髪をコーティングすると

いいですよう!

後は髪の量が多い人は

髪の量を適度に減らしましょう!

様々な理由から起こるとは思いますが

髪のことがわからない方は

プロ(美容師)からアドバイスを受けて下さいね!

ご予約はこちらからネット予約も行っています↓
ヘアサロンハーモニー http://b.hpr.jp/hp/H000225128/
髪に関するご相談はライン@へメッセージをください。http://line.me/ti/p/@tfs4089c

広告

髪が湿気を吸わない様にするには

髪質には

親水性と疎水性の二つに分かれます。

親水性の髪は

髪が柔らかい人に多く

疎水性の髪は

髪が硬い人に多いです。

違いは様々で

キューティクルの数が多い

油分が多い

のが代表的です。

髪が太いからは余り関係はないです。

太くても柔らかい髪もあります。

髪が湿気を吸わないようにするには・・・

どうしたらいいか?

それは疎水性の髪を真似する事だと思います。

でも急にキューティクルを厚くする事はできませんし

できたとしても体内を改善し食生活を改めてないとできません。

時間がかかります。

だから油分の量を増やす事ならすぐに始められると

思いませんか?

油分を増やすには

オイル系の洗い流さないトリートメントをつける

ことです。

オイルは水を弾く効果があります。

だから湿気を吸いずらくできるのです。

ただし

使用する際は注意があります。

それは髪が濡れている時に使う事です。

乾いた髪につけてしまうと直接

髪についてしまい

オイルが落ちずらくなり

髪がゴワつきやくすなります。

ご予約はこちらからネット予約も行っています↓
ヘアサロンハーモニー http://b.hpr.jp/hp/H000225128/
髪に関するご相談はライン@へメッセージをください。http://line.me/ti/p/@tfs4089c

髪を柔らかくするには・・・

髪のPH(ペーハ)を上げること!

例えば

ゴムのホースがあります。

ゴムホースは冬や温度が低い時は

硬くなります。

しかし夏や温度が高い時は

ゴムホースは柔らかくなります。

この例えは

髪がゴムホースで

温度がHP(ペーハ)です。

温度が高い(夏)はアルカリ性

温度が低い(冬)は酸性

適温(春・秋)は中性

と言ったところでしょう!!笑

しかしゴムホースも

暑ければ溶けてしまいます。

この状態はカラーやパーマなどを

やりすぎた状態!

もちろんゴムホースも冷えすぎると

割れてしまいますし

髪も酸性に傾けすぎると傷みます。

ある意味

髪のダメージとしても考えられます。

髪がアルカリ性に傾け過ぎるとダメージになりますし

酸性に傾け過ぎるときしみで傷みます。

だから

髪を柔らかくするにはどうしたら良いか?

髪をアルカリ性に傾ける為にカラーやパーマを

すれば良いのです。

カラーやパーマをしたら適したヘアケアをしましょう!

ほったらかしはダメージの原因になります。

もしわからない方はプロ(美容師)に聞きましょう!

ちゃんとアドバイスをしてくれますよ!(もちろん私も!)

カラーやパーマをすることは悪い事ではありませんし

カラーやパーマは傷むからでは無くヘアケアをしないから傷むのです。

髪のコンディションをする事で髪質は変える事ができます。

私たちの体には毒にも変わる成分がありますが

逆に体の働きを良くする成分もあります。

毒と良薬は表裏一体であり

飲み過ぎや取りすぎは毒になり

適度に摂取する事が良薬になり

体の働き健康になります。

だから髪も同じなのです。

トリートメントばかりすればいいのか?

それは違います!

髪の状態に合わせて

どんな髪質にしたいのか?

でトリートメントをしたりパーマやカラーをすればいいのです!!

ちなみに硬くしたい人はPh(ペーハ)を酸性にしましょう!

ヘアマニキュアやトリートメントなどで酸性に傾ける事ができます。

だから髪の硬い方は美容室で相談して

カラーやパーマ、トリートメントヘアケアを相談してみて下さい!

例えばヘアカラー

ただ明るくするだけではなく

ハイライト(メッシュ)やダブルカラーをする事で

質感を変えて色を暗く深みを出すことができます。

髪ですが色々な技術により適した方法があります。

だからこそプロ(美容師)に相談して下さいね♪

まとめ

髪を柔らかくするには

髪のPH(ペーハ)を上げる事!

PH(ペーハ)を上げるには適した

パーマやカラー・トリートメントなどをする!

またヘアケアでコンディションを整えて

PH(ペーハ)の上がり過ぎを防ぐこと!

最後に髪のPH(ペーハ)は4.5~5.5ぐらいです(弱酸性)

またPH(ペーハ)は強酸が1強アルカリが14です。中性は7です!

適したPH(ペーハ)は7(中性)ぐらいが良いと思います。

目に見える訳ではありませんが念のため・・・

ご予約はこちらからネット予約も行っています↓


ヘアサロンハーモニー http://b.hpr.jp/hp/H000225128/


髪に関するご相談はライン@へメッセージをください。http://line.me/ti/p/@tfs4089c